FC2ブログ

バックナンバー

2012.06.14 13:40 | EDIT
 先日、訪れるのは4月から2回目、東京都調布市にある、小児自閉症の権威で漢方を処方してくださる、飯田医院に行ってきました。

 向かう途中、わたしは成城4丁目の緑地地帯をさまよいました(降りるバス停の目測を誤ったため)。街から突然、しっとりとしたブッシュ地帯に入り(梅雨の湿度&飯田医院の近くに流れるなかなか大きめの川、野川のせいもあると思います)、こんなところに軽井沢のようなリラックス&セレブリティーな景観があるとは、、、っ!と少々驚きました(でも楽しかったです(⌒-⌒))。

 飯田医院に着きますと、ドアに張り紙がありました。「本日は体調不良のため、午前11時にて予約打ち切り」の文字。慌てて時計を見ましたところ、ちょうど11時。わたしって、いつもこんなかんじ、ほーーーっ。。。
受付に名前を書いた紙を投入しまして、外ですでに女性が一人待たれていましたので、その横に、ちょこんと並びました。

待つこと2時間ちょっと。先生は相変わらずほとんどこちらを向くことなく、しんどそうな感じで話し始めました。
前回、わたしの診察が5分もなかったので(40分くらい、ほとんど先生のこれまでの実績の話をされていました)、「何でカルテに何にも書いてないんだ?」と、ちょっとイライラされたご様子でした。
先生の体調が悪かったせいもあるのでしょうか、飯田先生は、わたしの前の女性と、その前のお子さんとお母さん、男の子のおじいさんのときは丁寧な対応でしたのに(診察室の声は待合室に丸聞こえなのです)、わたしには、「で、なんなの?」と憮然とした感じでした。。。以前はわたし、被害者意識が強かったのですが、ここ数年はもう克服したと思っているのですが、うーーん。。。

診察の終わりのときも、「もう外出て」と言われましたが、悪く取らないよう、(診察はもうおしまいだから外で待っていなさい)ということだ、と、言葉通りのみに受け止めるようにして、「ありがとうございました」と、ぺこりと一礼しまして診察室を後にしました。

待合室では、(お薬をもらうときに、先生にちゃんと「おからだ、お大事にしてください」と言おう。。。)と、ぐるぐる何度も考えながら薬を待っていたのですが、がらっと窓口の磨りガラスが開いて、無言でどさっと先生がお薬を置きましたので、結局、「あ、ありがとうございました。。。」としか言えませんでした。先生はわたしへの対応は、それきりでした。すぐに次の方の対応を始められました。

 診察中も、とても怖く感じてしまい、すごく緊張してしまいました。
医院を出てすぐに道を間違い、なんとかバス停を見つけて乗り、近くの公園まで歩いていき、そしてその日の後の予定をキャンセルする電話をしました。
もう電車に乗って街に出て、人と接する気力がミジンもありませんでした。

 アスペルガーうんぬん関係なく、もう少しやさしく接していただけると、よいと思います。もう、しばらくは行きたくありません。。。でも、ご高齢だし、体調崩されていたようですし、仕方がなかったのかなぁとも思っています。

 お薬は、大柴胡湯を30日分いただきました。先生曰く、アスペルガーには抑肝散は効かないそうです。。。大柴胡湯は緊張を緩めるお薬だそうです。
しばらく飲んでみて、後日、効き目のほどを報告しますね!

 他の患者さんたちには、とても丁寧に診察されていましたので、これから飯田医院に行かれるご予定の方は、これを読んで躊躇しないでくださいね。*^-^*;
ご自身で判断されてくださいね。お医者さんとは相性があるといいますからね。


では、またです。
今日は梅雨の晴れ間!朝から、どっさりたまった洗濯物を片付けています。⌒-⌒

みなさん、よい一日をお過ごしくださいね。


合掌





↓発達障害の方のためのヨガクラス“pica pica yoga society(ピカヨガ)”をたくさんの方に知っていただきたく、参加しました。ご賛同よろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Category: 病院
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2012.06.11 21:26 | EDIT
 あすぺ女子の、苦手なこと。。。それは、「それではー、隣の人と二人組になってくださーい♡」というアナウンスです、ね(^^;
 
 なぜなのでしょう? きっと、これまで幼年期からの経験から来る、潜在意識のバリアみたいなものが無意識に働いているような、、、きーーん、と、固まってしまいますね。(⌒-⌒; 

 でもね、取り巻く環境が大きく関わりますが(特に、これまで日常の人間関係から衝突が多く、こころが弱っている場合)、人とはITを通したお付き合いではなく、直接会って目を見て(ニガテですが。。。)、肌に触れて(感覚過敏っ!)、機会がございましたらハグして(!(^^;)のコミュニケーション(ニガテなことの、オン・パレードだと思いますが、、、)、実は、こういったダイレクトな人とのふれあいが、あすぺ女子にとって(おそらく定型脳の方も、もちろん)、やっとこさ、本当に、ほーーーーっと、こころから救われるものなのです。

 うーーん。。。キツイ。。。出来ることなら、そういう直接のコミュニケーションは、避けて生活しているあすぺ女子もいることでしょう。

 でもね、もっと、どっぷーりと、人を信用して甘えられると、本当に気持ちが楽になります。

 でも、これは、本当に環境が大切なのですよ。。。

 あすぺさんは、こころがまっすぐきれいで、狡猾になど振る舞えませんので(そんな風にならなくて全然いいのですが)、この定型脳中心の社会では、残念ながら非力な部分も多く、辛い立場に立たされるケースも多いです。
 
 とっさに言い返したりすることがニガテなあすぺさんは、ストレスが溜まってこころに余裕のない人たちの、格好の攻撃のターゲットにされやすいです。
あう、あう、、と、(今わたし、ひどいこと言われたような?!)と、その場に立ち尽くすばかりです。。

 これまで周囲に対して、自分なりに最大限に気を使いながらも、なぜか嫌われ、さんざん傷ついてきたあすぺ女子は、ノラ猫のように周囲に気を張り、自分を取り繕って猫をかぶり、脱兎のごとく帰宅して、ほ~~~っ。。。毎日神経を極限まですり減らしてヘトヘト。。。という方も多いことでしょう。

 よく、円満なコミュニケーションを送るための本に、「相手の良いところを見よう!。相手に少しでもよいところがあるのなら、他のイヤな部分は目を瞑り、そこだけを信じて、折り合って側にいよう」。。とあるものがあります。
 それに対するわたしのアンサーは、"NO!" です。確かに、人と(特にパートナー)とは、譲り合い、自分が変われば相手もよい方向に変わっていく場合もありますが、はっきり言って、『人によります』。
 いくらこちらが折れても、そこにつけ込んで図に乗って、ますますこちらを傷つけていく人も残念ながらいます。
 その人を見切る、その人から逃げる決断も大事です。
 あすぺさんは、自己評価が低いので、自分が悪いから相手からそういう仕打ちを受けてしまうのだ。。。と思い込みがちですが、そんなことない!あすぺ女子、悪くないよ!我慢し過ぎだよ!と言いたくなるケースもしばしば見受けられます。
 
 もし、あなたが、そういう苦しい人間関係の渦に飲み込まれているのでしたら、ひとりで抱え込まないで、第三者に相談してください。区の職員でも、学校の先生でもよいです、区役所に行けば無料のカウンセラーさんも紹介してもらえます。 あまりにも辛い環境でしたら、それは、きっと、周囲が悪いのです(あすぺ女子は、なかなかそういう風に思えないのですよね。。)。
もう、これ以上、自分を責めないでください。あなたはがんばりずぎ!、優しすぎるのです。
具体的な出口を見つけて、そこから脱出してください。


 慈しみに溢れた人たちに囲まれて生活するのと、(これは自分が招いた人間関係だから、修行だと思ってガマンガマン。。)と、煩悩まみれの人たちに囲まれてむやみに傷つけられる日々。。。まさに天国と地獄です。
それは、人生においての必要悪でも何でもありません。煩悩にまみれた人たちは可哀想ですが、その人たちの側に、毎日自分も一緒にいますと、自分の心も嫌でも汚れてきます。毒気に当てられてしまうのです。

 その人たちのことを、(可哀想な人たちだから、こちらが怒ってもしょうがない。。。)と思えるくらいの、物理的な距離を取ることが大切です。

 あなたの居心地のよい場所が、必ずどこかにあります。
心のきれいな人たちの、側にいるようにしてください。
そうすれば、自然と、自分の心も慈しみ溢れてきます。

 あなたが、この人だ!と思える、すばらしいグル(先生、導いてくれる人)を見つけて、なるべくその方に近づけるよう、トレーニングすることが、あなた自身、ハッピーになる方法ですよ(⌒-⌒)。自力で一から出発するのは、大変なことです。
 でも、新興宗教にはくれぐれもお気をつけてください。

 それではー
すべての生きとし生けるものが幸せでありますように。
合掌

またですー(⌒-⌒)





↓発達障害の方のためのヨガクラス“pica pica yoga society(ピカヨガ)”をたくさんの方に知っていただきたく、参加しました。ご賛同よろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村
Category: その他
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
 | ホーム | 

プロフィール

内村佳代

Author:内村佳代
内村佳代と申します。ヨーガ講師です。

・2004年友永ヨーガ学院にてヨーガを始める 
・友永ヨーガ学院指導者養成コース9期卒
・ラフターヨガインターナショナル認定リーダー
・ヨーガニケタンYIC卒

〜レッスンクラス
・ピカピカヨーガソサエティ(ピカヨガ)
・吉祥寺・医療生協ヨガ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR