FC2ブログ
--.--.-- --:-- | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2013.09.30 17:19 | EDIT
 あすぺ女子のみなさま、こんにちは。明日からもう10月ですね、早いものです。

 今日は、アスペであるワタシの、感覚の体験話をしたいと思います。興味のある方はお読みくださいませー
(今回は、わりと定型のかたでも(あるある!)といってもらえる内容では?、と思っております、どーでしょか?(^^:)。

 
 ワタシは子どもの頃、石川県の海沿いの町に住んでおりまして、都会とは違ってほとんどの友達の家が一戸建てでした。
 
 人の家の横を通るたびに、ワタシは一緒に歩いている友だちに、「あ、この家、今テレビ点いとる。」と、言っていました。友だちは「なんで分かるん?」と不思議がっていましたが、ワタシにははっきりと分かるのです、だって、電波の音(?)が聴こえるのですから。
テレビの音声ではなくて、です。目でも見える感じ。
念のために、ワタシは一昔前に流行った危ない電波系の人ではありません。

 テレビが点いている気配、友だちが聴き取れない周波数が聴こえていたのか(まさか!)、分かりませんが、感じるのです、はっきりと。

 他には、居間の中央にこたつがあったのですが、その四隅から目に見えないビームみたいなものが放射状に出ている、とナゼだか思っていて、必ず四隅をまたいで歩いていました。

              o`-_o~*-`o`-_o~*-

 『まんが日本昔話』が始まる直前に、がちゃがちゃっとテレビのダイヤルを合わせ、「ぼおやぁ〜よいこだねんねしなぁ、まんが日本昔話〜♪」とタイトルコールを聞き終わるとほっとして、すぐにまたがちゃがちゃっと、別のチャンネルを回す、というとこを毎週欠かさずやっていました(あれ?この話、以前お話ししたかも?(^^:)。

              o`-_o~*-`o`-_o~*-


 大人になった今は、NHKの朝のニュース番組『おはよう日本』で、朝食の支度中、
(関東地方のレポート、そろそろ終わりだな、、、「NHK埼玉 〇〇〇〇」とレポーターの名前が出てるっ!)と、どんなに忙しくても、必ずテレビの方を見てしまいます。
どうしても見てしまいます。。なんだこりゃ(^^:

アスペ女子の皆さんは、なにかしらこういう感覚、ありませんでしょうか?

              o`-_o~*-`o`-_o~*-


 小学生のころ集団下校中、みんながワイワイ集まってたので(なんだろー?)と、まんなかに行ってみたら、みんながワタシを中心にいっせいにさーーと引いて、
「あーー!!『止』ふんだぁ!!」(道路にペイントしてある”止マレ”の『止』です)と。

いきなり集団の中心になり、男子女子から罵声を浴び、ワタシはただ様子をうかがいにいっただけなのに(ナンダナンダ??)と、ものすごく驚いてしまい、その後何十年も『止マレ』を踏めなくなりました。
(『止』が「とうさん」で、『マ』が「ママ」で、『れ』が「れいきゅうしゃ」で、踏むと死ぬ、みたいな話でした。コドモって、、(^^:)

カラスを見るとお母さんが死ぬ、とかいうのもあって、ずいぶん長い間見られませんでした。

今となっては、なんだか可愛らしい話です(*⌒∇⌒*)。


 こんなかんじのこだわりだけでしたら、そんなに生きづらくありませんね。
ですが、その後高校を卒業しワタシは上京するわけですが、その後は大変でしたー。

 
 ワタシの二人の娘には、ワタシが体験した生きづらさ(例えば大学でゼミに出られないとか、バイトが続けられないとか、ひどいウツとか、、、山ほど!!)が、無いようにしてあげたいです。

 小さい頃から療育を行っていますので、ふたりともずいぶん社交的になりました、ほんとうに嬉しいです(*⌒∇⌒*)。ヨガも少し、しております。


 ワタシのように幼少時に療育を受けられず、今現在この社会で生きづらさとたたかっている仲間、あすぺ女子が、ヨーガを通してうんとラクになってほしい。
それがワタシの目標です(^^)。


それでは、お元気でっ!


合掌



↓発達障がいの方のためのヨガクラス“pica pica yoga society(ピカヨガ)”をたくさんの方に知っていただきたく、参加しました。ご賛同よろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
Category: 発達障害のこと
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2013.09.17 13:30 | EDIT
 これはワタシのことなのですが、距離を計るのがあまり上手ではないです。
しかし一般的に、アスペルガーのかたは「位置」感覚が優れているらしいです。
「位置」感覚がマズいのではないのかしらん??そのへんはよく分かりませんが。。。。

 

 たとえば自転車に乗っているとき、前方遠方に障害物が見えたときから、もう、この先どこを見ておいたらよいのか分からない、程よい視点をつかめず、障害物すれ違いざまにひぃ〜、と、全然関係ないところに、まばたきもせず視点がロックオンしています。 

(ふーっ、なんとか無事すれ違えた、、、)定型脳のかたが読まれたら少しぎょっとされるかもしれませんが、いつもそうなのです。
もちろんその時は、止まるくらいうんとスピードダウンしています。

 先日また自転車に乗っていた時なのですが、反対車線の歩道からおじいさんがふらふらと道路を横切ってこちらに向かってきました。

ワタシは直進していたのですが、おじいさんはゆっくりと放物線を描きながら、ワタシの方に向かってきました。あわわ、どうしよう、止まるかスピードアップするか?!

うんと徐行したのに結局、おじいさんの描く放物線の延長線上、ほんの微かですが前輪にジャスト当たられました。

ちゃんとよけたのに。

最後はギャッと逆ハンドルも切って。

追跡ミサイルのようにおじいさんは、ワタシの動いていくほう動いていくほうに吸い寄せられるように向かってきました。もちろんおじいさんはどこも怪我などありません。
ワタシのハートに少しキズが付いたくらい(ちょっと大げさ)。

 あれ?でも小2くらいの頃は、ドッジボールで絶対に当たらない、最後までコートに残っている子だったのに。それに向こうから歩いてくる人をよけて歩くのも得意だった!

 いつから向こうから歩いてくる人のほうに、すーっと引き寄せられるようにぶつかっていくようになったのでしょう。

 幅の狭い廊下を曲がるとき、必ず肩をゴン!とコーナーにぶつけてしまいます。最短距離を通ろうとしている訳ではないのですが、どうも目測がうまくいかないようです。

 以前トットちゃん、黒柳徹子さんがおっしゃっていました。
「私はもの凄いおっちょこちょい、だからもの凄く周囲の危険に気をつけている。だから事故に遭わないのだ。」
と。

 ワタシも全く同意見です。もの凄く気をつけています。だから帰宅後はヘトヘトです。
「運転が得意な人のほうが、事故を起こしやすい」と、自動車教習所の教官も言っていたし、
ワタシはこれでよいのです。

 
若い頃、ムサビの空デを受けてもちろん落っこちました。


 ハッキリ、ワタシは、空間トンチンカンです。
それでいーのです、これがワタシです(*⌒∇⌒*)

愛しのアスペ女子さん、ニガテなところは捨て置いたほうが、生きやすくなりますよ!
ご自身のイケてるところ(ないなんて言わせません!必ずあります!! (^^v )を広げていけるようになりますと、楽しくなってきます、よ(^^)

それでは、素敵な午後をお過ごしください。
 
合掌


↓発達障がいの方のためのヨガクラス“pica pica yoga society(ピカヨガ)”をたくさんの方に知っていただきたく、参加しました。ご賛同よろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村
Category: 発達障害のこと
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2013.09.16 19:05 | EDIT
東京は台風一過した模様です。
あすぺ女子の皆さん、3連休最後の午後いかがお過ごしでしょうか?(*⌒∇⌒*)

今日は、ちょっと面白い(?)、『メタ表象』について、お話ししてみたいと思います。

まず、いつもの ”『メタ表象』とは何ぞや?” からですが、
心理化(大まかな説明としまして、人の気持ちがわかるということ。=共感)には、さまざまな水準があって、

最も基本的な水準が、
1だんかいめ)「私は思う、あなたが〜を思っているのだと」という概念を理解出来ることである(一次的表象、あるいは「メタ表象」)

次の水準は、
2だんかいめ)「私は思う、私が〜を思っていると、あなたが思っているのだと」(二次的表象)

んで、三次あるいはそれ以上の高次のメタ表象が存在する
3だんかいめ〜∞)「私は思う、あなたが〜を思っていると、私が思っていると、あなたが思っているのだと」

そして、アスペルガーのひとは、10歳くらいまでには二次的表象を把握出来るようになるけど、以後は三次以上の表象だけが問題となる。
 
               (参考文献『アスペルガー症候群がわかる本  理解と対応のためのガイドブック  クリストファー・ギルバーグ・著 田中康雄・監修 森田由美・訳』)


とゆーことなのです。本の一部を抜粋したものですので、ちょっと本文全体の意図と離れた話になるかもしれませんがご了承ください。

 さて、これを読まれてあすぺ女子のみなさま、どんな感じがしましたでしょうか?


ワタシは、(んん??)と違和感を覚えました。

ちょっと待って。

そうだけど、そうじゃない。


でも、とりあえず、解釈を試してみよう。

1だんかいめ)のワタシの解釈:(あーこの人は今、怒っているのでは?)と、気が付けること。

2だんかいめ)のワタシの解釈:(あーこの人(相手)は、ワタシが今(相手に対して)怒っている、と勘違いしている   
                な)、と(ワタシが)思うこと。

3だんかいめ)のワタシの解釈:ワタシは思う、ワタナベ(わかりやすく仮に”ワタナベ”としますね)がワタシにムカついてるなと、ワタシが気付いていると、ワタナベが思っているのだと。   転じて→ワタシがワタナベに対してムカついている、と、ワタナベは思っている、と、ワタシは思ってるよ。


うわーー!!なんでしょう、違ってると思う!、、、やってみたら、めちゃムツカシイじゃないですかー!!
やっぱり苦手なんだ、、、(´へ`;


でもそうじゃないんですよ、いや、これはこれであるのですが。

相手の感情の気付き方、あすぺ女子はちと違う、と思いませんか? 過程というか、微妙な部分が。

なんか、ばっ!とワシづかみで、相手の全身から発するオーラやこれまでの接し方との違和感、とか(ワタシの場合ですが)。
第六感というか、、、、(苦しくなってきました(^^:  アスペ女子の感性が雑、ということでは決してありません。

 
 アスペルガーは、自閉症のスペクトラム(連続性)というシンドローム(症候群)なのですから、アスペにも十人十色です。

 定型さんと同じ思考行程をたどっていないのは確かなのだと思いますが、定型さんと発達障がいさんのどちらが相手の気持ちを理解しているか、理解していないけど(これはだめなのでは?(^^:)相手が気が付いていない本心のところまで見抜けているか(少し言葉が悪い気がします(^^:)、、、(ここまで言ってしまうと、「それは、お釈迦様でもわからない」と、なるのでしょうが、、)、あるいは、ちょっとズレますが、優しく汲み取れるか? これは相手の心理を的確に読み取るという観点からはズレますが、コミュニケーションにおいてとても大切なことだと思います。

 毎回ではなくても、時にはアスペ女子の方が深いところまで相手の心理を読み取れている方もいます。本当です。
そして、慈悲深いのは、これまでたくさん傷ついてきたアスペ女子の方にたくさんいます(もちろん定型さんにも)。



ですから、何が言いたいのかと言いますと、
『アスペだから人の気持ちがわからない』という絶対定番定義みたいなのは、やめていただきたいな、いうことです。

ケースによる場合もあります。
「最近調子ドオ?」みたいな、内容の深くないとっさの会話。これはニガテなあすぺさんが多いと思います。これは心理とは違いますが、でも、感じるんですよ、相手の方からなにかしらのオーラを。

でも、じっくりと時間をかけて、大切な人と話しをしているときは、よーく相手のことが理解出来るアスペ女子もいます。

 ワタシは最近では友人に、”あすぺなのに空気が読めるね”といわれることもありますが、でもこれまではしょっちゅう、波長の合わない人がジョークで言ったことをそのまま鵜呑みにしてからかわれるというパターンでした。今はそういう方と接する機会があまりありませんので起きていないだけで、ワタシがそう変わったワケではないと思います。

 いつもながらうまく書けなくてスミマセン。
でも、優しいアスペ女子のことを、まるで感情がないKYなひとだと決めつけるのは止めていただきたいです。

たしかにKYで相手をイラっとさせることもあります、でも、虫がよいのかもしれませんが許していただきたい。
イヂワルな気持ちから発しているのではないのです、そういう脳のつくりなのです。

みんながおんなじ地球上の生き物なんだよー助け合おうよ!と、広ーい慈悲にあふれた心になっていただければ、戦争だって起きないはずです。 エラそうだったらごめんなさい、でも、そう思うのです。

カラダをよく動かして、ココロも軽くラララ〜♪と、日々過ごせますように。

それではあすぺ女子のみなさま、お元気でね(*⌒∇⌒*)


合掌


↓発達障がいの方のためのヨガクラス“pica pica yoga society(ピカヨガ)”をたくさんの方に知っていただきたく、参加しました。ご賛同よろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村
Category: 発達障害のこと
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2013.09.13 10:31 | EDIT
あすぺ女子のみなさま、こんにちは!

時間がないので少しだけ、先日お話しした『アタマ空っぽに、、、』の続編です。



>目を閉じて、聴覚過敏のある方はヘッドホンをして、リラックス出来る音楽(BPMがあまり速かったり、興奮するロックなどはここではおいておきます)、たとえばワタシの大好きなバッハの「平均律クラヴィーア集」などおすすめです、意識を”ここ”でないところに連れて行ってくれます。

と、ワタシ言っていたのですが、先ほど、
激しい音楽を聴いていて、なんとも気持ちよーく瞑想状態に入れたのです。
少し前まで、(心がザワついてしまうのでは?)、と、聴くのを控えていたのですが、意外でした!

あぁ、もう時間だ、、、
続きはまたお知らせしたいと思います。


それでは、愛しのあすぺ女子のみなさま、お元気で!(*⌒∇⌒*)


uchimura

↓発達障がいの方のためのヨガクラス“pica pica yoga society(ピカヨガ)”をたくさんの方に知っていただきたく、参加しました。ご賛同よろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村
Category: 瞑想
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2013.09.13 10:14 | EDIT
なかなかメチャクチャだ、さすがワタシ、、、(*´ω`)o。゚


近い将来にキチンと分けられることもなく、おそらくこのままです。


まぁ、、、こんなもんです!<( ̄^ ̄)>(ご迷惑でしたらスミマセン。。。)

uchimura

↓発達障がいの方のためのヨガクラス“pica pica yoga society(ピカヨガ)”をたくさんの方に知っていただきたく、参加しました。ご賛同よろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村
Category: その他
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2013.09.13 09:49 | EDIT
19:30〜21:00 南烏山区民集会所・小会議室です。

初めて、ご参加の方は
picapicayogasociety☆gmail.com
(お手数ですが☆を@に変えてください)

まで、お申し込みくださいませ。

会員さんは、連絡なしで大丈夫ですよー(^^)

uchimura
2013.09.11 15:03 | EDIT
 あすぺ女子のみなさま、今日は少し肌寒いですね、秋になりました〜お元気でしょうか?

 今日、わたしの開いているヨーガクラスで、会員さんが「自分ちではヨガする気が起きないのよ〜」と笑っておっしゃっていました。

そうですよね、あすぺ女子の皆さんもそのような経験ないでしょうか?

でも、どうして自分の家では勉強とかヨーガが出来ないのでしょう。
自分に当てはめてで考えてみました。


その1。 他にやらなきゃいけないこと(部屋の片付け、溜まった家事・雑用など)に気がいってしまう。

その2。 テレビやネットをいったん観てしまうと、もうそこから動けなくなる。

その3。 なんだかイゴゴチが悪い気がして、部屋の模様替えをしたくなってくる。
     でも、家具のうまい配置が思い浮かばず、オサレなインテリアの本などを       ほ〜〜っとため息をつきながら眺めて、どんどん時間が経っていく。

その4。 大好きな大島弓子のマンガに、つい、手が伸びてしまう。

 
、、、などなど、、、なんだかえらい恥ずかしいです。


きっと、その”部屋”そのものに、びたーっとfix、あたまが部屋にこだわってしまっている。
モノ への執着と同じなのだと思います。

 もしここが自分の家でなければ、こんなにあれこれ思いが湧いてくるでしょうか?
ご自身に当てはめて想像してみてください、例えばここが旅先の旅館だったら??などなど。

嘘みたいに気楽になるはずです。よそのおうちが散らかっていても、全く気になりませんよね?(人それぞれですが。)

意識の落としどころ、目先を変えてみるトレーニングです。

 とどのつまり、やはり、瞑想なのだと思うのです。
瞑想力がついてきますと、ぐんーーと、高いところから自分を俯瞰出来たり、目先のことにとらわれなくなります。

あと、片付けが気になってしまう方は、(きちんと片付けなきゃ!)と思うと、その思いがストレスとなりますので、こう考えてみてはいかがでしょうか?

(例えばあの本棚の1段だけを10分だけキレイにしてみよう!)

片付けを、片付けのためにやるのではなく、”薬いらずの、頭をすっきりさせる方法”と、位置づけます。
視点の転換です(片付け→脳トレ)。

注意:その1段の片付けからどんどん発生していく、(これは押し入れに収納スペースを作ってしまいたい、あー押し入れはぐちゃぐちゃだー、、、)となっていくのは余計ストレス、NGです。

じゃあ、どしたらよい?
まず、要るもの、要らないもの、どちらか分からないものと分けて、要らないものは思い切りよく捨てて、あとはその段に積んでおくだけでもよいです。

あすぺ女子のお片付けは、コツがありますのでまた改めてお話しします。
苦手なのは当然なのですから、(うまく出来ないよ〜(涙))、と、そこばかりにとらわれないようにしましょう。

 心を解放するには、やはりヨーガがおすすめです。
頭を使わないで、体を動かすことで自動的にリラックスできるところがいいです。

リラックス、あたまを空っぽにするには、目からの情報を遮断することがとても有効です(可愛い猫を見てなでて、も、とてもよいのですが)。

 私たちは、外界からの情報を、約80%も視覚から取り入れています。
快不快関係なく目から脳にあらゆる情報、ノイズが入ってきます。

目を閉じて、聴覚過敏のある方はヘッドホンをして、リラックス出来る音楽(BPMがあまり速かったり、興奮するロックなどはここではおいておきます)、たとえばワタシの大好きなバッハの「平均律クラヴィーア集」などおすすめです、意識を”ここ”でないところに連れて行ってくれます。

アタマの中が空っぽになって、ぽかーんと宙に浮いているよう、、、とても気持ちよくなります。

リラックスは、積極的に自分で作っていくものです。
偶然を待つのではなく、どんどん自分で自分を癒してあげましょう。


karappo.jpg
あたま空っぽのコドモ(ぴんぼけ)



それでは、よい午後をお過ごしください(^^)


合掌




↓発達障がいの方のためのヨガクラス“pica pica yoga society(ピカヨガ)”をたくさんの方に知っていただきたく、参加しました。ご賛同よろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

Category: 発達障害のこと
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2013.09.04 15:37 | EDIT
あすぺ女子のみなさま!残暑厳しいですが、お元気でしょうか?

 今日は『相貌失認 (prosopagnosia) 』についてお話しします。

 人の顔を見分けられない、例の困ったやつです。
これは、あすぺ女子にとても多いのではないでしょうか?(ワタシとそのムスメ×2がそうだから決めつけているのやもしれませんが(^^:)

 ワタシは人に挨拶をするタイミングのドヘタさもさることながら、まずお顔を覚えられません。
(他にも理由は多々ありますが)それもありまして、10歳の長女と年長さんのムスメがいますが、妊娠中からこれまでにママ友というかたは一人もいません。

 
 先日も出張先のヨーガクラスで、少し恥ずかしい思いをしました。

 ワタシは初対面ではまずスタッフさんのお顔を覚えられません。出張先のヨーガクラスは病院でして、スタッフさんは毎回違うのです、あうー。。。

レッスン前にご挨拶したのにレッスンを始めるときに、スタッフでない参加者さんの側に寄って行き、ひそひそ声で(そろそろレッスンを始めてもよろしいでしょうか?)と耳打ちをして、参加者さんを困らせてしまいました。

スタッフさんの着ていた服も、メガネも全く覚えられません。スタッフさんのお隣にいたメガネのかたに声をかけてしまいました。

これはあすぺ女子の ”あるある”ではないでしょうか?! (^^:

 
 余談ですが、同日レッスンで参加者さんに、「先生(ワタシのことです)、写真とってもいいですか?」と言われたので、本当は写真を撮られることはあまり好きではないのですが、いいですよ、と、にっこりピーズサインをしました。

数枚撮られた後、少し困った顔をされて、「次回はヨガのポーズをお願いします。」と言われました。
そ、そうか、ワタシはヨーガの先生、ポーズを求められていたのか、、、と顔が真っ赤になりました。

 
 人の顔を覚えられないのって、ワタシはもうずいぶん慣れましたが、結構大変ですよね、名前も覚えられません。
それでもニコニコ笑ってあいさつしますと、(あ、この人、まだ私のこと覚えてないなー)という顔をされますので、バレバレなのですね、あはは。
でも、それしか出来ないので、深く交流のない方には、スミマセン、それでよい!と割り切っています。
 
 仲良くしたい人や保育園の役員など、どうしても密に接しなくてはいけないときには、仕事の作業がうまく進められなくて相手の方にご迷惑をかけると思いますので、前もって
「ワタシには発達障がいがあります。ご迷惑をかけることがあると思いますので、そのときは教えてください。」と伝えています。

 もしそれで相手の方に引かれてしまっても、気にしないことです、いろんな人がいるのですから。発達障がいでなくったって、世の中の人全員に受け入れてもらえることはないのですから。

それに、思っているより優しいかたが多いものです。

わたしたちあすぺ女子は、小さい頃から人と違うのでいじめられたりうまく仲間に入れなかったり、、と傷ついてきていますので、ななかな他人に心を開けませんよね、さらけ出せない、出したら引かれてしまう、、、と。

 でももし、仲良くなりたい人を見つけましたら、思い切って自分を出してみてください。それで相手が遠のいていくようでしたら、その人とはこれからも仲良く出来ないということですからいいのです。そのかたが心の優しい人でしたら、まず、仲良くなれますよ。

だってあすぺ女子は、誤解されがちですが、根はとても優しいのですから(^^)


 少し話が逸れました、すみません、相貌失認のお話に戻ります。

。。。ブラピもそうみたいですしー(特にファンではありませんが)(^^)

 言い過ぎだと思われるでしょうけど、、、ヨーガをしていれば、不思議と、たいていのことは何とかなります。
これってスゴくないですか?!(^^)

 
 気楽にいきましょう〜

それではー

合掌


↓発達障害の方のためのヨガクラス“pica pica yoga society(ピカヨガ)”をたくさんの方に知っていただきたく、参加しました。ご賛同よろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

Category: 発達障害のこと
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
 | ホーム | 

プロフィール

内村佳代

Author:内村佳代
内村佳代と申します。ヨーガ講師です。

・2004年友永ヨーガ学院にてヨーガを始める 
・友永ヨーガ学院指導者養成コース9期卒
・ラフターヨガインターナショナル認定リーダー
・ヨーガニケタンYIC卒

〜レッスンクラス
・ピカピカヨーガソサエティ(ピカヨガ)
・吉祥寺・医療生協ヨガ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。