--.--.-- --:-- | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2012.02.17 17:10 | EDIT
 はじめに

あすぺ女子は、身体感覚(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚など)が過敏過ぎたり、反対に鈍かったりします。
どちらにしても、感覚器官がご自身にとって、ほど良く機能しているなぁという感覚は薄いと思われます。


(これからの例え話は、わたしが経験したことであって、すべてのあすペ女子の皆さんがそうだと言っているわけではありません。)


今、わたしは、悲しいのか怒っているのか、うれしいのか?
人に意地悪っぽいことを言われたときに、(ここは怒るところだったのかな??)と、とっさに感情を表現できなくて、あたまがうろうろ、、後になって(ええぇーっ!そんなーっ?!)と、猛烈な怒りが込み上げてきたり。。。


こんな遠くまでひとりで歩いて来ちゃったけど、からだは疲れているの?まだまだ行けそうだけど帰りは電車で帰った方がいいのかな。。。?とか、
旅行に行った時「あなたの荷物は、人が持ち歩く重さじゃないよ。。」と言われたり。


「話をするときに、いつも相手の眼を見てない」と言われるけど、相手の眼を見ながら話しをするのは、なぜかとても疲れてしまう。。


無意識にいつも肩に力が入ってしまっていてコリコリ、気が付くと息を止めている、呼吸が浅い、お腹いっぱいなのに、決められないことが目の前にあると、衝動的に食べ物を口に入れてしまう。。。

人の顔が覚えられない・挨拶が苦手なこともあって人とのコミュニケーションがうまくとれない、傷つきやすい、過去の嫌な経験が強烈なフラッシュバックとなって現れる、時間配分が苦手で遅刻が多い、いつも時間に追われている、、などたくさんあります。


多くのあすペ女子が、こころもからだも、自分自身の状態をつかめなくて、それで周囲から変な目で見られ自己評価が低くなり、うつうつ、、という経過をたどられたのではないでしょうか。


どうしてそんなことになるのか?
アスペルガーの脳の様子などは、専門の本などがたくさん出ていますので、詳しくはそちらで知っていただいた方がよいと思いますので、ここではアスペルガーそのものの説明は省略させていただきます。



あすペ女子に必要なのは、まずは、からだを鍛えること!だとわたしは思っています。といっても、筋肉モリモリっ☆にならなくては、ということではありません。


目まぐるしく動き続けるあたま・こころをふっと軽くするには、あたまで考えてから気持ちを持っていく、、のではないと、わたしはヨガの経験から思います。

からだをうんと伸ばしたりねじったり、反らせたり曲げたり、まるでねんどをこねていくように柔らかく練っていき、骨盤や背骨のゆがみを正していくこと。
背骨には自律神経が通っていますので、刺激することによってその働きを高めて、ストレスに強い心を作っていきます。

また、アーサナ(体位法。ヨガのポーズ)や坐ることを繰り返していきますと、肚(はら=丹田。下腹部のおへその下あたり)が出来てきます(=腰が据わってくる)ので、そこを意識した深い呼吸が出来るようになります。もう死語なのかもしれませんが、へっぴり腰ではいかんのです!(^^)


深い呼吸を繰り返していきますと(15分くらい)、脳から快感物質のセロトニンがたくさん出るそうです。毎日呼吸法を続けていきますと、感覚をつかむことがあまり上手でないあすペ女子にも、「こりゃ気持ちよい!」と気付けるようになって、思わず顔がほころんでしまいますよ。

よくヨガのレッスンで、「今の自分はどんな気持ちなのか、からだの様子はどうなのか、よーく注意してー自分を客観視してみましょーうー」と言われますが、あすペ女子には、それがムズカシイのです。

自分を客観視することは、定型脳(発達障害でない方)の方でもムズカシイのかもしれませんが、感覚を適切にとらえることがあまり上手でないあすペ女子には、トレーニングなくしては、より困難極まりないことと思われます。


いつもあたまが、えと、えと、、、と、もやもやして、なにかしら脳に足かせがかかっていて、あたまの回転が遅く、重くなっているように感じるのですが、実はその逆で、頭の回転が早すぎて、あたふたとなってしまっているそうです。あすペ女子のあたまは、本人は意図せず常に嵐のように、ごうごうぐるぐる慌ただしく暴走しています。


そんなわたしと同じあすペ女子に、わたしは、
『朝起きてすぐヨガ』
をすることをおすすめします。

ヨガは、自律神経を整えていくトレーニングです。
ストレッチによって心も体も緩まり、穏やかな人格をつくります。

からだをよく動かして、脳の反射で快感物質を出すことによって、こころは癒されます。
あたまで考えてこころが晴れるわけではないのです。

これはどんなストレスに対してもそうです。過食・拒食、顔・からだのコンプレックスなどなど。
わたしの好きなブルース・リーの有名なセリフをモジらせていただくと、
”Don't think.MOVE!(考えるな、動くんだ!)"です。


でも、何事もそうですが、続けなければ効果はありません。

わたしもそうですが、あすペ女子は物事を長期間、継続していくことがあまり得意ではありません。。ですよね?(^^;

これから、あすペ女子がヨガを続けられるコツもお話ししますから、安心してくださいね!(⌒-⌒)☆


興味のある方は、ぜひヨガを始めてみてください。
必ず、ご自身によい効果を感じられると思います。

では、またです。

合掌




↓発達障害の方のためのヨガクラス“pica pica yoga society(ピカヨガ)”をたくさんの方に知っていただきたく、参加しました。ご賛同よろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
Category: はじめに
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

プロフィール

内村佳代

Author:内村佳代
内村佳代と申します。ヨーガ講師です。

・2004年友永ヨーガ学院にてヨーガを始める 
・友永ヨーガ学院指導者養成コース9期卒
・ラフターヨガインターナショナル認定リーダー
・ヨーガニケタンYIC卒

〜レッスンクラス
・ピカピカヨーガソサエティ(ピカヨガ)
・吉祥寺・医療生協ヨガ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。