--.--.-- --:-- | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2013.04.16 13:17 | EDIT
あすぺ女子のみなさま、こんにちは!いやー快晴!今日もいい天気ですね、とても気持ちがよいです。

 今日は、ワタシのこどもの頃のことをすこしだけ書こうと思います。
あすぺ女子でしたら、ワタシと似たような体験があるかもしれない、と思い。
(本筋と関係ありませんが、1か月半ぶりにコーヒーを解禁しながら、これ書いています、わーい(かな?)(*⌒∇⌒*))

 こどもの頃ワタシは石川県の根上町(ねあがりまち)という、日本海沿いのしずかな田舎に住んでおりました。おそらくまだ小学校低学年のころで、夏休み前の1学期終業式の帰り道、学校においていた教材やら体操着やらを山盛り、ランドセルの横や手首にぶら下げ、ひとり、遥か遠くの自宅まで続く田んぼのあぜ道沿いのアスファルトの道を歩いていたときのことです。

(こどもの頃のワタシはあまり普通の道の上を歩いて帰りませんでした。春夏秋はいつも、田んぼ脇に流れている水路の中をばしゃばしゃ、ノビルというネギボウズをもぎ取って、母の作ってくれた布のレッスンバッグいっぱいに詰め込んだり、カエルの、透明なジェルに包まれた黒いつぶつぶのタマゴをつついてほぐそうとしたりしながら帰宅してました。冬は豪雪地帯でしたので、自分の背の高さくらいの雪の中を、長靴の中をぐしょぐしょにしながら、新しく積もったところを見つけてはいちいち大の字になってばふっと顔から突っ込んだりして、何時間もかけて存分に雪遊びを堪能してから帰宅していました。)

 トンボを捕っては羽を掴んで頭を逆さまにし、アスファルトに叩き付ける、それを延々と繰り返していました。コドモなのでもちろん、罪悪感や慈悲の心などみじんもありませんでした。
延々と、何十匹と繰り返します。飽きたらやっと家に向かって歩き始めます。

 記憶力の悪いワタシの心に長年残っている記憶ですので、何かしら心象風景がひっかかるところがあるのでしょう。

その頃は、まさに悠久の時間が流れていました(今ヨーガのレッスン中にワタシがよく言う言葉なのです)。永遠にジブンはコドモだと思って、、いいえ、そんなことすら思っていなかったですね、未来を憂うコトも、過去をグジグジと引きずることもなく、”今”を生きてるだけでした。

 そのときのトンボたち、ごめんなさい。もうしません。

 ヨーガ哲学は、陰陽のエネルギーが律動的なリズムをもって創造、維持、破壊を繰り返し、宇宙が一つの大きな意識体として生命活動を行っている中で、個々の人間や他の生物は、宇宙の生命活動の一部として生きている、と考えます。つまり、宇宙生命の一部分として個々の人間が生きているということは、個々の人間の細胞が、細胞として生き死にしながらも、「人間」という生命を同時に生きているということも出来ます。(『母と子のヨーガ健康法』友永淳子先生著より抜粋)  ちょっとムツカシイですね。

 えっと、ワタシは最後の一文『「人間」という生命を同時に生きている』を「”個”という枠を超えて、宇宙上に無数ある生き物のうちの、「ヒト」という一パートを担っている」と解釈しております。
(後からの注釈:ここの解釈はちと違いますので、後日整理してまた書きます。)


”ソーハム”というすごいマントラがあります。(マントラとは、”真言”のことです。繰り返し唱える、音声による修行法です。「彼(それ)は、わたしである。」「神は、わたしである。→私は神そのものだ。」という意味です。)
 えっと、ワタシは『ソーハム』マントラを、「宇宙に遍満する様々な意識・生命と、私、は同じ」、うんと転じて「トンボと私はおなじもの」と解釈しているのです、ワタシはですよ!
現在ヨギ仲間に真偽のほどを確認中です。あすぺ女子の皆さまには、改めて後日きちんと正しい情報をお伝えしますね。

ワタシ、捕まって逆さまにされてアスファルトに叩き付けられたら、イヤですもの。
来世はワタシがトンボかもしれないし(あれ?仏教では来世もニンゲンでしたっけ?すみません。。)。

 今とほとんど変わっていません、過集中のひとつだったのかな。トンボ→パソ(たとえば)に変わっただけのような気がします。

 ワタシ自身よくヨーガ哲学を理解して消化できていないのに書いてしまい、読まれた方はなおのこと?ですよね、スミマセン。。

 ところで最近、26年ぶりくらいの友人とfacebookのおかげでつながれました。嬉しいです。
その子(もういい大人ですが)はお医者さんになっていました。
ワタシのこども時代を知っている貴重な友人です。きっと当時のワタシの変わり者(昔から本当によくそう言われていました)っぷりをたくさん覚えていることでしょう、少しずつ聞いてみたいと思います。
ワタシのコドモの頃のあすぺっぷりが分かるやもです。
あすぺ女子にもシェアしてみたいと思っています。うん、仲間がいるって嬉しいですよね!(*⌒∇⌒*)
そして、あすぺは悪いことじゃないよ、って思ってほしいです。




それではあすぺ女子の皆さま、よい午後をお過ごしくださいませ。



今日一日はすべてに神を見、宇宙に祈ろう。自分が生かされていることに感謝して。
                 
     (日々の祈り 十五か条  の 第十五か条  スワミ・シバナンダji )


またでーす!(^^)

合掌



↓発達障害の方のためのヨガクラス“pica pica yoga society(ピカヨガ)”をたくさんの方に知っていただきたく、参加しました。ご賛同よろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: こどものころ
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

プロフィール

内村佳代

Author:内村佳代
内村佳代と申します。ヨーガ講師です。

・2004年友永ヨーガ学院にてヨーガを始める 
・友永ヨーガ学院指導者養成コース9期卒
・ラフターヨガインターナショナル認定リーダー
・ヨーガニケタンYIC卒

〜レッスンクラス
・ピカピカヨーガソサエティ(ピカヨガ)
・吉祥寺・医療生協ヨガ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。